花海
「わあ……おっきい……」

寧々
「こうだったわよね……?
 ――ちゅ」

花海
「こうだよお……ちゅぷ……」

大樹
「……っくぁ……!」

寧々
「なに……も、もうびくんびくんじゃない……」

花海
「おしっこでるところから……透明なおつゆが
 たらたらしてるよぉ……?」

寧々
「まったく、しょうがないんだからぁ……ちゅぶ」

花海
「はみゅ、れろ……れろれろれろれろ……!」

寧々はあくまでもソフトに軽いキスを繰り返す。

ただそれだけなのだが、キスするたびに熱い唇の感触が
ペニスを跳ね上げさせる。

対照的に花海は、ねっとりとした舌を最初から
這わせてきた。



 


寧々
「じゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽ
 じゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽ」

花海
「ちゅぶっちゅぶっちゅぶっちゅぶっちゅぶっ
 ちゅぶっちゅぶっちゅぶっちゅぶっ」

大樹
「あ、あああああ! そんなにされたら、い、イく、イく、
 イッちゃうぞ!」

寧々
「じゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽ、ぷはっ――
 出すときは私の顔に……じゅっぽじゅっぽ」

花海
「ちゅぶっちゅぶっちゅぶっちゅぶっ、ぷあっ――
 かなにいっぱいかけてえ……ちゅぶっちゅぶっ」

大樹
「あ、やば、まず! あ、あ、あ、あああああああ
 ああッ!!!」

どぴゅっ! どぴゅどぶんっ! どくどくどくどく
どくーーーんっ!!!!

大樹
「はぁーー…………はぁーー…………
 はぁーー…………はぁーー…………」

ペニスが何度も脈動し、渾身の力で射精をした。

吹き出したザーメンの全ては、寧々と花海の
二人の顔に降り注ぐ。

寧々
「はぁ……すご……いっぱい……!」

花海
「ん……んんっ……トロトロだね……」