大樹
「冗談冗談、そのデカ胸が重いぐらいだな」

花海
「むぅ……じゃあ触る……?」

大樹
「………………へ?」

呆気にとられた表情をする俺を花海は少し不満そうだ。
その意味が俺には全くわからない。

花海がパジャマを捲り上げ
見事に豊潤に実ったおっぱいを見せ付けた。

俺の思考が一瞬にして凍りつき停止する。

まて、まて、まて、まて!

大樹
「か、花海……?」

花海
「疼いちゃうんだもん……」

大樹
「……へっ……!?」

花海
「そうやって、私に言わせないでよ……
 私だって、ここに来るのにすごい勇気が必要だったんだから」

大樹
「……はあ」

言わなくてもわかる、とか、言わせないで、とか。
彼女には申し訳ないが、やはりさっぱりわからない。

花海
「……止まらないの」

大樹
「な、なにが?」

花海
「だから、その……」

彼女が口ごもり、密着している腰が蠢く。

それが俺の股間を刺激し
うっかりするとすぐに勃起してしまいそうだ。

花海
「その……身体が」

大樹
「も、もしかして風邪か? 熱が出ちまったか?」

花海
「違うもん……!」

花海
「たっくんがキスをしてくれてから……
 身体の火照りが……止まらないの!」

大樹
「お、おい花海――」

花海
「たっくん、かなを抱いてよぉ!」

大樹
「おいっ!かなっ……」

おもむろに花海は俺の手を取り、胸元へと誘う。

花海
「……はうっ……!」

彼女は俺の手をぎゅっと
押しつけた途端、切なそうな声を上げた。

普段との大きなギャップで頭が混乱しかける。

これが……ナマのおっぱいの感触。


 


花海
「ちゅ、ちゅく……んむ、ぷぁ……はぁはぁはぁ」

花海
「はむ……ちゅ、ちゅ、ちゅっ、ちゅる……んん……」

花海
「ちゅぷ……ちゅむ、ちゅ、ちゅっ…………にゅりゅ……」

唇の隙間から、生温かい彼女の舌が侵入してくる。
俺はそれを、自分の舌で受け取り、互いに絡め合う。

密着しあった唇がうごめき
僅かな隙に出来た合間から、唾液が顎を濡らす。

そんなはしたないキスをも厭わずに
花海はしきりに舌を絡ませ、俺の唾液をすすり
受け止めていた。

花海
「ぷぁっ……はぁはぁはぁ……すごい上手……」

花海
「たっくんとキスしていると……
 頭がぽおっとしてきちゃう……!」

大樹
「俺も、花海がこんなにも
 情熱的に責めてくるとは思わなかった」

花海
「だって……私に火を付けたのは……
 たっくんだよ……?」

花海
「ちゅーーー…………!」

彼女が唇をしっかり押しつけて
長い時間をかけて俺の唇を吸い上げる。

花海
「ぷあっ……おいしいよぉ……
 おかわりぃ、ちゅうーーー…………!」

今度は、俺の上唇を中心に唇に吸い付く。